協会案内
  • Home
  • 協会案内
  • ニュースリリース(2020.06.04)

ニュースリリース  2020年6月4日

土木学会が「ジャイロプレス工法®」による杭の支持性能を認定


このたび、「ジャイロプレス工法®」が公益社団法人土木学会の技術評価を受け、同工法で圧入した鋼管杭の支持杭としての性能が認められました。この評価により、道路橋梁の基礎部といった鉛直支持力が求められる案件における同工法の活用範囲が拡大し、提案の幅が一層広がります。

本評価を受けたことで、現場によっては施工後に杭の支持力を調べる載荷試験を省略でき、工期の短縮と工費の縮減を実現します。


【評価内容】

本評価は、ジャイロプレス工法®で圧入した杭の支持力を推定する「支持力評価式」※が、これまで行われてきた載荷試験結果を適切に再現していると認められたものです。地震や港湾、道路、鉄道、杭などを専門とする6委員でつくる「『回転切削圧入工法(ジャイロプレス工法)の設計法・施工法』に関する技術評価委員会」(委員長:濱田政則アジア防災センター長・当協会特別会員)によって審査されました。

本評価式は、道路橋や高速道路に関する技術基準を定めた日本道路協会の道路橋示方書に規定されている考え方に基づいています。

※クリックで拡大
技術評価証